スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

4月, 2013の投稿を表示しています

能力値について

FMの選手の能力値は具体的にどういう意味を持っているのだろうか?

超詳しい説明がこのページにある。これはめちゃんこ意味のある記述であり、FMプレイヤーはこれを必ず読んでいないといけない。

事実、能力値には背景能力値、一次能力値、二次能力値の三種類があること、背景能力値と一次能力値の重要性が高いこと、このことを知っているかどうかで、選手選考だけでなく、選手の動きの意味についての理解がまったく違ってくるだろう。

万が一にもこのページがなくなったりすると困るので、ここに全文転載しておく。
=================================

はじめに

以下は選手の可視能力値についてできるだけシンプルに記述したものである。
能力値については多くの誤解がある。これらがマッチエンジンでどのように使われているかを説明する。

能力値の種類

能力値には背景能力値、一次能力値、二次能力値の三種類がある。

背景能力値はマッチエンジンがまず最初に参照する能力値である(一次、二次能力値を参照するかどうかに関係なく)。例えば、勝利意欲は選手が試合で努力する時間の長さを決定する。すべての行動の前にこの能力値が参照され、アクティブかどうかがチェックされる。(勝利意欲は試合開始時はアクティブではないが、試合終了が近付くにつれてアクティブになる)

一次能力値は他の能力値の成功率に関与する。これらはもっぱら二次能力値の成功率に影響するよう定義されたものである。例えば、どこへパスを出すかの選択は一次能力値の判断力によって決められるため、これがなければパス(二次能力値)はほとんど成功しない。

二次能力値は常に一次能力値と結びついており、これらはプレイの精度を表すものか、状況依存であるかのどちらかである。

試合中の選手のすべてのプレイは一連の能力値の評価の結果であり、たいていは一つまたは複数の背景能力値の評価からスタートし、一つまたは複数の一次能力値、最後に一つまたは複数の二次能力値を評価する。
例えばシンプルなショートパスを出す場合は以下のようになる。

背景能力値 → 視野(一次) → 判断力(一次) → パス(二次)

背景能力値はそもそもパスを出すかどうかをまず決定する。視野はその選手が知るプレイオプションの数を表す。判断力はどのオプションを選択するかを決定する。最後に、パスはその精度を決定…

各国のレギュレーション 登録可能な選手の制限編

国によって、というか精確にはリーグによって、登録可能な選手の制限がある。

ドイツみたいに外国人選手枠がない国もあるが、多くの国では外国人選手の数に制限がある。

ただし、ヨーロッパでは、EU国籍をもつ選手は国内選手として扱われる。

ただし、イギリスでは、ルーマニア籍とブルガリア籍はEU外として扱われ、労働許可証が必要になる(FM2013限定)。

フランスやスペインではコトヌー協定加入国、つまりACP諸国、アフリカやカリブ諸国の多くが自国内選手として扱われる。例えば、ガイアナ、スリナムの選手はOKだが、ペルーは外国籍になる。