2013年5月29日水曜日

ドイツ風4-2-3-1対策

ドイツのリーグに多いのは、この、MCを二人置くタイプの4-2-3-1のフォーメーション。



これに適したのは次のフォメだ。


あるいは、これでもいい。


4-1-2-1-2はむかしのFMだとどのフォメに対しても最強だったが、いまはそれほどでもない。だが、前のめりの4-2-3-1に対してはかなり有効だ。ツートップはどちらもサポート役、AMCは攻撃的にしておくと前線が渋滞しなくていい。SBはサポート役に。

実戦のレポートはこちら

2013年5月22日水曜日

1ボランチを置く4-3-3のフォーメーション対策


ボランチを一人だけ置くこの4-3-3のフォーメーションは、中央に人数を固めた4-1-2-1-2などのフォーメーションに有利だ

このフォーメーションに比較的有利なのに、このフォメがある。


4-2-3-1は、4-3-3相手に対してどの位置でも数的不利になることのないので有利だ。AMCは攻撃的に、ほかの前線三人はサポートにすると前線が渋滞しないでいい具合になる。

もっとも、相手はAMCを置かない布陣なので、こちらのDMC二人はもっと上でもいい。そこで、相手の中央1-2に対し、どの列でも人数的有利になるように3-2の形にしたのが次のフォメ


これは、1ボランチを置く4-3-3のフォーメーションに対してはぴったりとはまる、まさにハメ殺しのフォメになっている。相手はパスの出しどころが中央になく、サイド攻撃をするしかない。相手によっては、サイドに展開する以前にボールを奪える。